FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

11 | 2018/12 | 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェラーリ599XXがニュルブルクリンク最速記録更新!!6分58秒16。 

260108.jpg260109.jpg260110.jpg260111.jpg260114.jpg
フェラーリは23日、「599XX」のドイツ・ニュルブルクリンクでのタイムアタックの結果を公表した。
そのタイムは6分58秒16で、市販車ベースのレース専用車として、初めて7分を切った。

599XXは2009年3月、ジュネーブモーターショーで公開。『599GTBフィオラノ』をベースにした
レース専用車で、『エンツォ』をレース向けに仕立てた「FXX」の後継車に当たる。

フェラーリは23日、ニュルブルクリンクで599XXのタイムアタックを実施。同コースは1周20.832kmで、
荒れた路面に狭いコース幅、次々に出現するブラインドコーナーなど、世界一タフなコースとして知られ、
自動車メーカーが開発テストを行う場所としても有名だ。このニュルブルクリンクで、
599XXは6分58秒16というベストラップを記録。市販車ベースのレース専用車として、初めて7分を切った。

もちろん、スリックタイヤを履いたレース専用車なので、市販車との単純比較はできないが、
参考までに市販車部門では、クライスラーのダッジ『バイパー SRT10 ACR』が7分22秒1、
GMのシボレー『コルベットZR-1』が7分26秒4、日産『GT-R』が7分26秒70をマークしている。

599XXもFXXと同様、フェラーリの新車開発プログラムの一端を担う。わずか30台が生産され、
ワンメークレースという形を取りながら、そのノウハウが将来、フェラーリが発売する
ニューモデルに生かされる。選ばれた顧客だけが参加できる特別なプログラムだ。

エンジンは、599の6.0リットルV型12気筒ガソリンがベース。専用クランクシャフトや
カーボン製インテークなどを採用し、吸排気系を効率アップ。最大出力は700ps/9000rpm、
最大トルクは66.3kgm/6500rpmと、80ps、4.3kgmのパワーアップを果たした。
トランスミッションは6速2ペダルMTの「F1マチック」で、変速時間は0.06秒に短縮されている。

ボディは軽量化とエアロダイナミクスを徹底追求。アンダーフロアの空気を吸い出して
ダウンフォースを高める「アクティブフローシステム」など、数々の専用装備が採用された。
この結果、300km/h時に630kgものダウンフォースを獲得する。

足回りには、第2世代のカーボンセラミックブレーキやレーシングスリックタイヤを装備。
イタリア本社テストコースでのラップタイムは、FXXを凌ぐ実力だ。
価格はメンテナンス料や各サーキットへの輸送費を含めると、1台110万ユーロ(約1億3600万円)と伝えられる。


カッコ良いし、速いけど、高すぎでしょ?
私はフェラーリファンですが、フェラーリが最速とは思っていません。
スポーツカーが好きならば、どんなモデルが速いか知っている筈。
まず注目なのは、「市販車ベースのレース専用車で30台しか生産されていない」と言う点。
こんな少量生産で、しかもレース専用車って、比較対象外なのは明らかです。

スペックも凄まじい。パワーはF1並みだし、F1マチックも採用。しかも価格は1億越えと。
遅い筈がない、速くて当たり前ではないのか?このタイムをフェラーリは自慢しているのか?
フェラーリと言うのは遅い速いを言うモデルではない。スポーツカーの神の様な存在。
ポルシェ911ターボやGT-Rぐらいの価格のモデルで最速は語るべきだと思います。

ちなみにニュルブルクリンクのタイム一覧を載せておきます。最新ではありませんし転載ですが。

* 6分48秒 - ラディカル・SR8LM / Michael Vergers (2009年8月20日)
* 6分55秒 - ラディカル・SR8 / Michael Vergers (2005年9月28日)
* 7分11秒57 - 2009年式 グンペルト・アポロスポーツ /(2009年8月13日)
* 7分22秒01 - 2009年式 ダッジ・バイパーSRT-10 ACR / トム・コロネル(2008年8月18日)
* 7分24秒03 - マセラティ・MC12 / Marc Basseng (2008年8月)
* 7分24秒07 - パガーニ・ゾンダ F Clubsport / Marc Basseng (2008年8月)
* 7分25秒03 - エンツォ・フェラーリ / Marc Basseng (2008年8月)
* 7分26秒04 - 2009年式 シボレー・コルベット C6 ZR1 / Jim Mero(2008年6月27日)
* 7分26秒70 - 2009年式 日産・GT-R / 鈴木利男(2009年4月23日)
* 7分27秒82 - パガーニ・ゾンダ F Clubsport / Marc Basseng (2007年9月)
* 7分28秒 - ポルシェ・カレラGT / Walter Röhrl(2004年7月2日)
* 7分32秒02 - ポルシェ911GT2 /Walter Röhrl(2007年)
* 7分33秒06 - ケーニグセグ CCX / Marc Basseng (2008年8月)
* 7分40秒 - ブガッティ・ヴェイロン16.4 /
* 7分40秒 - メルセデス・ベンツ SLRマクラーレン / Klaus Ludwig
* 7分40秒 - ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP640 / Giorgio Sanna
* 7分40秒06 - フォードGT / Markus Draper
* 7分50秒 - BMW・M3 CSL/ Horst von Saurm
* 7分54秒 - NISMOスカイラインR34 GT-R Z-Tune / 田中哲也
* 7分56秒 - Honda NSX-R (NA2) /黒澤元治


これを見ると分かるとおり、フェラーリはエンツォ・フェラーリがやっとGT-Rと互角です。
しかもエンッオって言えば特別モデルです。めちゃ高いんです。殆どのフェラーリは8分超えです。
この中で、コストパフォーマンスが一番良いのは、やっぱりGT-Rでしょうね。
GT-R好きの発言ですが、事実は事実です。数千万と言うモデルが沢山ある中で、やはり凄いです。

今回のタイムをフェラーリが自慢げに発表した訳でないのなら、別に気にしません。
でも、金に物を言わせて出したタイムなら、ちょっと悲しくなりますね。
それじゃGT-Rに対して大人気なかった、ポルシェと同じになっちゃいますよ。

とは言っても、本日「フェラーリフェスティバルジャパン2010」に行く事が決まりました(笑)
今までの人気とか知らないし、チケットが取れるか心配。後は駐車場も心配です。
今年の鈴鹿GPを待たずに、フォーミュラーサウンドが聞けると思うと嬉しくてしょうがない(^-^)/

現在ランキング参加中です、よろしければバナーぽちって頂けると幸いです(^-^)
他のカテゴリも興味あればご覧頂けると嬉しいです(^-^)/

スポンサーサイト

コメント

Re: フェラーリ599XXがニュルブルクリンク最速記録更新!!6分58秒16。

こんにちは。
フェラーリがお高いとのこと。いやそうですよね。。
でも、ちょっとばかりフェラーリをフォローさせてください(笑)

まず、高性能車を開発する技術と、それを安価に量産する技術は、かぶるところもありますが、違うものですよね。

それに会社の業務形態も異なります。
大衆車を大量に販売して、そちらで主に利益を出したり、フラッグシップマシンの開発コストを回収できる日産と、
そもそも高級車を年間4000台程度しか生産してないフェラーリでは、ビジネスモデルが全く違います。
ですから、当然、価格設定の仕方も全く違います。
経営規模が違いますから、スペシャルモデルを多めに生産したとしても、それを全部サポートすることが出来ませんしね。
ので、ここでさらに限定度が上昇→価格に跳ね返る、となります。
(彼らのサポートには、ディナーや高級ワインなんかもガンガン入っているはずです)

そして、ここからが本題なのですが、欧米にあるクラス(階級)の概念が、ほとんど日本にない、ということがあると思います。
欧米における”高級”は高品質・高性能を含んだ概念ですが、高品質・高性能は高級の概念を”含まない”(らしいの)です。
最初に購入者を限定してしまうために、あえて高価な価格設定をすることは、どうやら欧米人にとっては普通のことらしいのです。
これは、なぜポルシェやフェラーリが、より高価になるにも関わらず、クーペよりカタログスペック上不利なオープンモデルを、わざわざ用意しているのか、の答えでもあります。
ロレックスとGショックみたいなものですかね??

というわけで、F1を観ていればわかりますけど、ここ10年のフェラーリの戦闘力は常にトップクラスですから、おそらく世界一に近い技術はある。
でもそれを安価に大量生産する技術やビジネスモデルはまったく(目指して)いない。

(その辺のガソリンスタンドでタイヤ交換できないGTRが本当に市販車両だろうか?というのもありますけど。。。これだとV8フェラーリより、ある意味スペシャルカーです)

まあ、ニュルと相性が良い悪いもあると思います。
たぶん、視界がよくて路面状態のよいワインディングならヴェイロンがぶっちぎりでしょうし、狭くて路面が荒れてるならインプやランエボでしょう。

と、こんな感じです(笑)
  • [2010/04/27 21:31]
  • URL |
  • ちょっとフォローする人(笑)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

言葉が足りませんでした。

コメントありがとうございます!!

私の書き方が悪かったようなので、こひらこそフォローさせて下さい(笑)
まず、LFAの様に台数が少なければ高額になり、コストパフォーマンスも悪くなるのは
分かっています。これはしょうがない事だと思います。

しかし、所詮人と言うものは金額で見てしまうものです。
599XXが速いのは良いんです、しかしあの価格なら当たり前でしょと
普通の人は思ってしまいます。
私はフェラーリは大好きですし、高くても良いんですよ。
でも、一般大衆はそうは見ないと思ったのです。

私の友人、いや縁は切りましたが、そいつは大の外車嫌い。
特にポルシェとフェラーリが嫌いと言う珍しい人種です(笑)
理由は高いから速いのは当たり前。

とは言っても、外車全般批判をしています。
大衆車から何から何まで日本車マンセーです。
それについて行けないのも理由で縁を切りました。

スポーツカーには燃費を求めるな、内装は無視しろ、乗り心地は我慢しろ。
こんな人でした。でもVWやアウディは実現して見せました。
今でも友達だったら、嫌って程話してると思いますが(笑)

しかしポルシェはあまり好きじゃありませんね。
GT-R事件が原因ですが、良いわけばかりしてそれが腹立ちます。
そしてニューモデル投入でタイム更新と。
まさに金に物を言わせたという感じだと思います。

しかしGT-Rのタイヤ交換やらパッドの交換代は凄まじい金額ですよね。
フェラーリのちょっとした修理代に匹敵すると思います。
タイヤ交換て、確かタイヤ切るんですよね?
日産が作った、高額なシビックTYPE-Rのような感じがします。

走ることだけ考えられている感じですよね。
私は、こういったデメリットは記事にはしません(笑)
どうせ一般大衆が買えない、もとい維持できないと思ってますので(笑)

私はものをはっきりと言って嫌われるタイプですが、
それでも宜しければ、また遊びに来てください。
フエラーリフェスティバルの記事は上げる予定です(^-^)/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://r222gtr.blog35.fc2.com/tb.php/562-b1669abe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。